スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純愛

嫁さん子供が実家に帰っていた一昨日、
夜遅く、一人牛丼を食べに行った。


一人で黙々と大盛りつゆだくを食べている私のとなり、
カウンター席にとっくの昔に食べ終えた一人の青年。
中々帰らない。
恐る恐る・・・・「あの~、お茶お願いします~~~」
女の子店員が「はーい!」
でも持ってきたのは若い男性店員。
客、なんか不機嫌そう。
飲んだ。からっぽ。
でも帰らない。
あんた、ワシが来る前からカラのどんぶりおいてたよね。
まだ帰らないの?

しばらくしてカウンター担当の男性がドライブスルーに呼び出され、代わりに若い女の子がレジ、受付近くに入ってきた。

その瞬間、隣の青年立つ!
青年「あっ、すいません!勘定、お願いします!」
女の子店員「はーい!」

女の子店員「ありがとうございます!○○○円です。」
青年「・・・・さっ、財布が引っかかってしまって、中々出てこないなぁ。。。」

・・・・・???? もしかして食い逃げか?
写メ撮っといたろか?

青年「あの・・・あれですね、ここのところ毎日見かけますよね?」
女の子店員「・・・はい?」
青年「あっ、いえ、○○(女の子のネームプレート付けてる)さんです」
女の子店員「私ですか?そうですね~、毎日ですよ、このところずっと。お客様(の方)も最近毎日来られてますよね。」

・・・えっ、牛丼屋にか?毎日?
おいおいおいおいおい、漫画じゃあるまいし、
これって、まさか女の子目当て?
おいおいおいおいおい・・・・いや~こんなの初めての遭遇!
何せ自分のカウンター席、レジのすぐ隣だから丸聞こえ!
青年はなんかおとなしい感じの25、6くらいか?
男性店員がお茶を持ってきた時の殺気(笑)が信じられないくらい、
草食系?な感じで、モサくはない。
好青年?と言えるか。
対する女の子店員、こちらはちょっと天然系か。
でも明るい元気そうな笑顔がかわいらしいポニーテールの女の子。
10代?ではないよなぁ。もうちょっと上かな。

青年君には悪いけど、話は全て聞かせてもらおう!
おっちゃん、興味あんねん(笑)。
で?それからそれから?

青年「いや~、僕、牛丼大好きなんです!」

吹いてはいけない!冷静に食べ続けるのだ!たぼ!
いや、ワシも牛丼好きよ~。
嫁さんと付き合い出した頃、3日連続で吉野家行った事があるくらい。
でも、3日目に「もういい加減にして」といやな顔をされた事があるくらいだ。


女の子店員「・・・・よっぽどお好きなんですね!」

おっ?これは予想外の反応。
怪訝そうな反応でもあるかと思ったけど、どうやら暖かい雰囲気の受け応え。
あまりも当方との距離が近すぎて、
そっと表情を見たとしてもバレソウナノデ、
ここは聞いてないふりして黙々と食べ続ける。

青年「ええっ!大好きです!」
青年「あのっ、明日も入ります?」

女の子店員「ええっ、明日も明後日も、入りますよ」
青年「また明日も来ますね!」

女の子店員「はい。どうもありがとうございました!またいらして下さいませ!」


これって、脈有りなんだろうなぁ。。。。。
そっか、こういう事が現実にあるんだ。
まぁ、ワシも嫁さん口説いたときはこんなんだったんかなぁ。。。。

ちょっと幸せな気分。





女の子店員「・・・・・・かつ君(仮名)、あの人また来るって。」
男性店員「ま・・・・・ええんちゃうか?・・・・まっ、(何かあっても)俺が帰りお前送ったるから」
女の子店員「かつ君(仮名)、何時あがり?」
男性店員「お前と同じ(笑)!」
女の子店員「でも、これって看板娘ってやつとちゃうのん?私!」
男性店員「何でやねん・・・お前うんにゃらこんにゃら・・・」

ここから先は奥に入って行って聞こえなかったが・・・・
客、まだワシがいてます。

・・・・とりあえず、事件にならない様にだけは祈っといてあげる。。



なんだろう。。。。
一連の2役の会話を、同じテンション・同じ笑顔で喋る女の子に、
とてつもなく怖さを感じたたぼたぼでした。




・・・・青年、牛丼の食いすぎは体に悪いぞ。
もうやめとけ。

スポンサーサイト

すうどん

カップうどん「すうどんでっせ!」箱販売12個入り880円!
どんべえ1個120円、赤いきつね安売り時でも1個88円、
それに比べりゃ格安!お得!1個80円程度!
よっしゃ!買って帰る。いい買い物した!

家に帰って早速一つ作る。

さて食べようと思ったとき、ある違和感に気がつく。


たぼ「これ、揚げ入ってないやん!」

嫁:「すうどん買ってきたんやろ?当然やん」


すうどん・・・・




揚げは当然標準装備で、
「お酢が入ってるうどん」とばかり思っていた私。




後10個も残ってるよ。すうどん。

天中殺か!?

2009年8月・・・・・

とんでもない月でした(--;

7月末、娘を無理な体勢でだっこしてぎっくり腰発症。

たまらん(--;

腰の痛みの消えない間に演奏会到来。

とりあえず行っていつもどおり演奏。
気合が入ってくると、腰のことも忘れてくる。いい感じ。よっしゃ、いくで~!

PAの入る演奏会なので、音量調節はやってもらえるし、
遠慮なしという事で!演奏スタート!

?????あれ?????

もしも~し!ピアノの返しスピーカーから音が聞こえてないよー!うそ~!!
これ、最後までこの状態でやれと?おいおい!!
ソリストの音が全然聴こえてませーん!!

3ページ分ほど進んだ辺りからようやく返しスピーカーから音が聞こえてきて、ホッと一安心。
だけど、かなり焦った。

ホッとしたのもつかの間、ピアノ正面のスポット照明がモロ目に入る。
リハのとき、そこからは当ててなかったでしょ!
OK出したとき、「これが本番の照明です」とか言ってたやん。
ああっ、もうチカチカして鍵盤見えん。
まあ、もともとあまり見てないから気にしないけど、
ライトの残像が残りまくるんです。
ちょっと腰をひねって演奏角度を変えれば少しはましかな・・・・・よいしょ!
グギッ・・・と!ここで思い出しぎっくり腰再発!!!

お客さんも喜んでくれてたし、演奏そのものは楽しかったけど、
それ以外の部分でちょっと待て!が多かった演奏でした。

で、そんなこんなで腰をかばいながら歩いていると、ドッテーん!!!ガラガラガラ!

こけた。こけた先におもちゃ。おもちゃでさらにこけて椅子に激突。

うごけん。

次の日、右足に4箇所ヒビが入っている事が判明、ギプスでぐるぐる巻き。




月末、3年ぶりの長期(今回は音楽関係なし!楽器もっていかない~!)旅行を計画していたものの、
あえなく中止。

中止・・・・・と聞いて泣きそうになる息子。
いや、泣きたいのはこっちもなんやけどね。
じゃ、とりあえず新幹線にだけでも乗せて、駅から降りてすぐで泊まれるとこでせめて1泊でもするか。

よし!熱海でも行こう!

というわけで、8月27日、新幹線(こだま)に乗って熱海へ出発~!
すでに新幹線に乗った段階で、ギブスの外れていないお父ちゃんへとへと。
息子、娘、憧れの新幹線に乗れて超ご機嫌!
これはしんどい思いしてでも乗せて良かった~・・・・無理して良かった~・・・・。

ところが、25分ほど経って米原を過ぎたあたりで、
「まだ降りヘンの~?もう飽きた!」
「後3時間程やで・・・こだまでしか行かれヘンし」
「え~!?もう降りる!」
「・・・って、お前が新幹線好きやっちゅうからわざわざ乗りに来たんやろ!?」
「僕な、見てる方がええねん(^^)」

それならそうと先に言えよ・・・・・3人(一人無料)で往復4万払っとんのよ。
見るだけなら入場料180円で済むのに・・・・(--;
お父ちゃんは4万稼ぐ為にどれほど曲をごにょごにょ・・・・

まあ、我慢しとれ!そのうち日本一の山、富士山が見えてくるから!
あれ見るだけでも我慢する価値はある!

さ~て静岡過ぎてトンネル入って、コレ出たら富士山やでぇ!

ごーーーーーーーっ!出た!・・・・・・・・あれ?

「・・・・・どれがふじさん?」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・今日はふじさん、おらへんわ・・・・」

さっきまで晴れてたのに!富士山の周りだけ雲だらけ(--;
全く見えず・・・・。

そういえば、7月の日食も見えなかったね。

残念!!!!



ようやくふらふらになりながら熱海到着。

とりあえず、熱海に決めた理由は
・新幹線に乗る
・海が見える
・新幹線の駅からすぐにホテルがある
・道中、富士山が見えれば最高!
という事で、熱海に決定!
で、ホテルは熱海駅から300m圏内、海が近く、その近辺で1番安い、という条件で検索、
ピッタリのホテルが見つかったのでそこを予約。

駅から300m・・・・・って、おもいっきり坂かい!ってか、崖か!!
道案内はジグザグの坂道とショートカットの階段・・・・おいおい!直線300m!
(家に帰って見てみたら、タクシー3分、歩き10分!おい!300m!)
えい、歩きは無しや、タクシー!
案の上、タクシーはぐる~~~~っと遠回りして崖を下りて、ようやく浜辺のホテルへ到着。
ホテルから駅を見上げると、確かに300mだわ・・・・近くて遠~い300m(--;

でも海は見えた!子供達はしっかり遊んだ!よし!とりあえず家族サービスは終了!


夜~

海辺が近いという事か、海岸では花火に興じる若者がたくさん(本当にたくさん)。
打ち上げ花火を大量に持ち込んでいる。
ヒューーーーーーーーパン!パン!パン!パン!パパン!パン!
まっ、自腹で打ち上げ1発買うのも高いから、
ただで見れるのはいいよね~。
特等席だよね~
等とのんきな事を考えてるうちに、
疲れが出たのか、10時前には眠ってしまった。

夜11時半、上の部屋のドンちゃん騒ぎで目が覚める。
外では相変わらず花火が上がっている。
あまりにもうるさく、深酒をして寝ようと試みる。が、不可能。
夜中12時、ついにベランダに出て騒ぎ出した。
「おい、いい加減にしろよ!12時まわっとる!」
あっ、静かになった・・・・。
コレで寝れるかな~~~~~

パン!パパパン!!パパン!
外の花火が鳴り捲る。
とりあえず、酔って寝るしかない。

2時、今度は隣が騒ぎ出す。
部屋の中から花火を発射。
「熱海サイコー!!!!!!!」とか叫ぶ。

も・・・・好きにして。

結局、花火と話し声は4時過ぎまで続き、
それまで完全に起こされる事となる。

神様、私、何か悪い事でもしましたか?

あんな中熟睡していた嫁さん、子供達、素晴らしい!!



熱海の人には悪いけど

二度熱海には行かねぇ!


2日目、帰路途中にある金屋発の大井川鉄道のSLに乗る計画。
静岡で在来線に乗り換えて、ここからは金屋まで東海道線。
新幹線から乗り換えて普通電車に乗り換える。
ところが・・・・・ホームに待ってるはずの電車が・・・・いない。
あれ?

「只今、10分ほど電車遅れております~」
おいおい、これ、SL発車の時間に間に合うの?
一応SLの乗り換えに15分余裕を見てたんだけど。

金屋の駅に10分遅れで到着。
電車の中からSLが見えた。
乗り換え客が皆ダッシュする。
ワシ、杖突いて腕痛い、反対の足が重い、ソロソロとしか動けない。
げっ、この駅バリアフリーじゃない!階段!しかもSL乗り場は一番遠いホームの一番向こう!
残り4分。
ふーふー言いながら階段を上り改札口へ。
他のお客は皆乗り込んでいるのか、もはやだれもいない。
げっ、SL切符の予約確認と購入を別改札で!?
切符売り場のおじいちゃんに「58番予約の大島です!」
「はいはい~。あっ、もう発車時刻回ってますわ~急いで下さいね~。
あれぇ、足どないされましたんや?大変ですなぁ!」
いや、この際足の事はいいから早く売ってくれ!
「え~っと、大人2人の子供さん2人・・・と。座席切符買われるるんでしたら子供さんも座ってもらえますけど、580円余分にかかってしまいますからね~、ひざに乗せられるんでしたら580円浮きますよ~。あ、でもその足では大変ですしね~」
『ポォーーー!!!!』まだか~という合図か!?汽笛が鳴る。
何でもいいからとりあえず全員分下さい!

「はいはい、大人2人子供さん2人分・・・・と・・・・
あらっ、急行券じゃなくて、乗車券の方作ってしまいましたわ(笑)。
乗車券は小さい子供さんのはいらんのですよ。
急行だけはお一人1枚ですからね~ちぃちゃい子供さんの分もいるんですよ~(笑)」
(笑)はいいから早く~!!!

『ポッ!!シュ~~~~!!!』


「計算しなおすね~(笑)」

あ~、駄目だ~、行ってまう~・・・・。

「は~い、これで子供さんも座ってもらえますよ~(^^)」
・・・・・って、もう行っちゃってたら意味ないでしょ、コレ・・・・
時計を見ると11時51分。発車時刻は11時48分。。。。。駄目だ~天中殺・・・・

ホームに出ると、嫁さん、子供達、そして車掌さん、
あれ?まだSLが止まってる!
「慌てないでゆっくりどうぞ!」若いSL車掌さんの声。

よっ、良かった~~~~
5分も発車を待ってくれてたの?関西ではありえない・・・・・有り難や有り難や。

息子も娘もご機嫌のSLの旅。
顔が煤だらけになったものの、子供達の笑顔もたくさん見れたし、
天中殺・・・・・な8月でしたが、これで全て帳消し・・・・・かな。

もう9月ですね、あ~良かった(笑)。

今月はいいことありますように!

ブログ開始

「ただのりの音楽畑」の本日の一言コーナーを改め、
本日よりブログにしました。
いつまで続くか分かりませんが、
やれるトコまでやってみようかなと。うん。

宜しくお願いしますm(__)m

theme : 音楽のある生活
genre : 音楽

愚駄愚駄

08'7.24記入の過去回想です。<Mixiにも同文>

緊張の糸が切れたのか、どうも風邪をひいたっぽい。
こういう時に限って(たまたまか)、嫁さんも子供2人も外泊。
さて、体が重い、何をするのもめんどくさい、
久しぶりに顔をもたげる「仕事したくない病」だ。
とかいっても、やっぱりやらない訳にはいかないのでやる。
誰もいないと仕事はかどる。うん。
でも「ご飯作るのめんどくさい病」と「食べるのめんどくさい病」も併発。
めんどくさいので食べない。
でも食べないと死んでしまうので、牛乳を飲む。飲む。飲む。
気が付くと一日3L越えていた。
買い置きの牛乳が切れる。
「買いに行くのめんどくさい病」も発症。
もういいや、後はビールで。
夕方6時に寝る。
すると、直後に電話で起こされる。

たぼ「もしもし・・・」
若い女の子「あっ、コウくん!ウチウチ~。ウチいまちょーど暇やねんわ~。なんか熱いし、コーラ買ってきてや~。あっ、ウチ今だれもおらへんし、ウチとウチウチウチ・・・・・・」
たぼ「・・・ウチ、こうくんちゃうで・・・」

若い女の子「・・・・誰やあんたーー!最初に言いーや!!!プツッ」

最初からノンブレスでしゃべってたんはあんたヤン。
循環呼吸でも使ってるんかと思った。

「電話に出たく無い病」も発症。携帯電源OFF。
家の電話の留守電設定が分からない。
「説明書読むのめんどくさい病」発症、家の受話器も外して寝る。

夜10時、プーーーーーーーーーーーーという音に目覚める。
外してた受話器から警報音。
そおか。目覚し機能付きか。そーかそーか。

そっからずっと起きてたりして。

嫁さん、子供達、今日帰って来ました。
風邪、移さんようにしないとね~。



毎日ご飯作ってくれてる嫁さんはすごいなぁ。
でもって、体調不良と無縁の息子を尊敬。

あんたがたは凄い!


とまあ、愚駄愚駄の1日報告でした。
プロフィール

tabo

Author:tabo
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。